読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

獅子狂日記

西武ライオンズファン歴20年以上の黄金時代回顧厨が西武ライオンズを中心にプロ野球を語るブログ

眠れる4番中村剛也の3ラン本塁打で大谷翔平をまたも粉砕!牧田は4勝目

西武ライオンズ2016

5月15日(日)日本ハムVS西武 札幌ドーム

日本ハム-西武

勝:牧田和久(4勝) 敗:大谷翔平(1勝4敗) 

パ・リーグTV・GAORA解説:稲田直人、実況:近藤祐司

 

ここ数日凡ミス・エラー連発のひどい負け方が続くはプロ野球ニュースに連日クソデブが登場するわでとてもブログを書く気分にならなかったのですがようやく気分が晴れるような勝ち方をしてくれました。

先発の野上は初回に先制点を許し3回に追加点を許すなど完璧という内容ではありませんでしたが5回2失点に抑えきっちりと試合を壊すことなくまとめました。

打線も4、5回に1点ずつを大谷から取り同点に持ち込みます。5回は同点に追いついてからなおもノーアウト2・3塁で4番中村という場面で、そこから3者連続三振に倒れましたがここは大谷を褒めるべきでしょう。160kmのストレートと145kmフォークを連発する圧巻の内容でした。

 

野上は5回を89球とまだ余裕はありそうでしたが6回から牧田が登板します。6回以降が課題の野上ということと、先日菊池が好投しながら力尽きワンナウト満塁のピンチをつくり降板しリリーフの牧田が打たれたことを反省してのことでしょう。今のライオンズにはイニング途中のピンチを切り抜けるのに適したパワーピッチャーがいないのでイニング頭で牧田を起用して先手を打ったのだと思います。

牧田はツーアウト満塁のピンチをつくるも6回を0に抑え7回の攻撃です。

先頭2番キャプテン栗山巧が今日3個目の四球を選ぶと続く3番メヒアがショートへの強い打球を打ちこれを中島がそらしノーアウト1・2塁。エラーはつきましたが正面とはいえ難しいバウンドの強いあたりでエラーをつけるには中島に可哀想。

そして問題の眠れる4番中村剛也。今年チャンスでまるで仕事ができない上に先日の試合から合わせて先ほどの打席まで大谷翔平から6打席連続三振と無様な姿を見せていました。正直この打席もあまり期待していなかったのですが見事に裏切ってくれました。大谷の甘いフォークを打ち大きな当たりがレフトスタンドに放り込まれて勝ち越しの3ランホームラン!

これぞ4番の当たりと働き。頼れる4番ホームランアーティスト中村剛也が帰ってきたと思っていいのでしょうか。今年中村は初めてランナーを置いた場面でのホームランです。そりゃ金子侑司と打点の数を争ってるわけです。

 

大谷は6回終わった時点で110球を投げていて続投はどうかという球数でしたが結果として裏目に出ました。先日のプロ野球ニュース高木豊が指摘していましたがこのような場面で大谷を続投させるということは大谷にはエースとしての働きを期待しているということでしょう。じゃあ二刀流なんかさせずにちゃんと調整させなよって思います。今年は去年と違って打撃の内容が良く3割を打って本塁打もたくさん打っていますがその役割って別に大谷が二刀流しなきゃいけないわけじゃなくて外人とってくるなり近藤をDHに専念させるなりすればいいだけだと思うんですよ。チームのことを考えるなら大谷の二刀流に意味はないです。

 

8回にはメヒアの犠牲フライ1点追加。

9回表の西武の攻撃からハンカチ王子こと斎藤佑樹が登板。コールされてまだ歓声上がるんですね。ちなみに彼と早稲田で同期の6球団競合ドラ一右腕は昨日二軍で1回5失点の大炎上をしています。大石達也とかいう名前でしたかね。現状二軍の成績ですらプロ入り最低の内容を残しています。どうすんだよあれ。

牧田が8回までの3イニングを投げいつものように解説から驚かれたあと9回はセーブはつきませんが増田が登板。ワンナウト満塁の大ピンチをつくり犠牲フライで1点をとられるも最後は秋山の好守備にも助けられなんとか勝ちきりました。

エース牧田は久しぶりとなる4勝目をあげチーム最多勝

 

 

 

 

プロ初先発佐藤勇は及第点も救援陣が最低最悪の内容で大敗

西武ライオンズ2016

 

5月11日(水)楽天VS西武 楽天Koboスタジアム

楽天-西武

勝: 藤原良平(1勝) 敗:大谷翔平(1勝3敗) 

パ・リーグTV解説:永井玲、実況:中田浩

 

文化放送解説:山崎裕之、実況:飯塚治

 

日中雨が降り続け試合開始が危ぶまれましたがじきに上がってきて試合開始時刻を20分繰り下げ無事試合が開催されました。

プロ初先発の西武の佐藤勇について相手の梨田監督の印象は「真っ直ぐは速くない」しかし福田将儀外野手のコメントは「とにかく真っ直ぐが速い」どっちだよ!佐藤勇は二人いるのかとなるところですが実はどちらも本当。一軍での佐藤勇はまだ豪速球を見せていませんが二軍では荒れ球速球投手だったのです。そのため一軍での印象を話す梨田監督と二軍での印象を話す福田将儀で証言が食い違っていたのです。

昨日の文化放送の情報でも田辺監督と土肥コーチのコメントが食い違っていましたが、今日の佐藤には荒れ球ではなく技巧派の佐藤でいってほしいという本日入りましたので速い速球があることはわかった上で期待をこめてのコメントだったのかもしれません。ただせっかく150kmの速球のある若手先発左腕なんだから若い内は技巧派の投球ではなくストレートでガンガン押してほしいのですが…菊池雄星が開花しきれてない現状のせいで大きく育てようという気持ちの余裕がないのでしょうか。若いんだから技巧派もいいけど素晴らしい速球があるならもっとストレートで押す投球をしてほしいと願うのはかつての涌井で西武ファンは経験済です。

 

一方楽天先発の美馬学は昨年西武戦の対戦成績は2敗防御率9.82とぼろぼろ。

特に4番中村は5打数4安打2本塁打5打点とめった打ちです。打線に爆発してもらって佐藤勇のプロ初勝利をプレゼントしてもらいましょう。

続きを読む

CSフジテレビプロ野球ニュース 5月10日(火)

プロ野球ニュース2016

CSフジテレビプロ野球ニュース 5月10日(火)

MC:、金村義明内田嶺衣奈

解説陣:平松政次笘篠賢治

 

3.4月度の月間MVP発表

セリーグ

投手:巨人 菅野智之

打者;中日 ビシエド

 

パ・リーグ

投手:ロッテ 涌井秀章

打者:西武 メヒア

涌井は西武時代の7年ぶり。パ・リーグでは最長ブランクの受賞。

菅野は順当で5月度もとる勢い、涌井の5勝はラッキーなところもあったと平松。ことしのロッテがこの位置にいるのはエース涌井がしっかりしているからと笘篠。

メヒアがこれだけ打ってれば首位争いしてなければいけない他の選手は何をしているんだと金村。

 

阪神ー巨人、楽天ー西武が雨天のため中止。

続きを読む

5/10楽天西武戦は雨天中止 文化放送ライオンズナイターSET UP書き起こし

西武ライオンズ2016

5/10(火)楽天Koboスタジアムで、先発塩見貴洋-菊池雄星で予定されていた楽天ー西武戦は残念ながら雨のため中止。しかし先発・中継ぎともに疲弊しきっている西武投手陣にとっては恵みの雨となりました。明日の予告先発は両チームともにスライドせず楽天美馬学、西武がプロ初先発となる福島県出身期待の若手左腕佐藤勇。

以下野球中継の雨傘番組文化放送ライオンズナイターSET UPで気になった部分を書き起こします。

 

明日先発予定の佐藤勇については150kmを計測するストレートで押すのが本来のピッチングと土肥コーチ。二軍時代は先発登板の前日は緊張してほとんど寝ることができず試合を迎えたが一軍はナイターなので昼までは寝ていられると本日の談。潮崎ヘッド曰く「緊張しぃの佐藤くん」

 

・エラーの多い守備について奈良原コーチのコメント

積極的なミスは仕方ないが今年の多くのエラーはそうではなく気の抜けたプレーがほとんど。もう一度一軍のグラウンドに初めて立った時の気持ちを思い出してほしい。

 

・藤原良平インタビュー

現在16人連続ノーヒットの好投が続いている。失点したら二軍に落ちるという思いで必死のパッチでやっている。現在父親が大病を患っており、その父親を勇気づけるためにいい投球をしようというモチベーションになっている。途中武隈が茶々を入れてきたのでコメントをとろうとするがズミスポ以外には答えないと取材拒否。

 

田辺監督インタビュー

・明日の先発について

菊池雄星のスライドではなく佐藤にしたのは、明日も雨の可能性があるため菊池が2試合連続のスライドになると気持ちの持っていきかたが難しいだろうと判断。

 

・佐藤勇の印象について

ストレートで押すタイプではなく、ストレート・スライダー・チェンジアップを投げ分けて抑える技巧派だと思っている(コーチ評と正反対じゃねえか!)

 

・メヒアについて

キャンプの時から眼の色が違った。

 

・二番の運用について

つなぎの二番でいくのか強打の二番でいくのか開幕から流動的だった。5月に入ってからつなぎの方針で組んでいるがうまくいっている。

 

・金子侑司の活躍について

アウトカウント・ストライクカウントなど試合の状況をよく考えボール球を振らないようになるなど、非常に考えてバッティングをするようになった。

 

山崎裕之によるここまでの西武の解析

エラーの多さからわかるように凡ミスが多すぎる。他にも記録に残らないエラーや投手の失投が目立つ(コメントにはなかったが低すぎる送りバント功率も入るだろう)選手全員が意識を高く持たなくてはならない。

西武プリンスドームは新人工芝になって小さなイレギュラーが多いので選手がまだ新しい芝に慣れていないのかもしれない。先日の木村文がバウンドして頭を越されたのが顕著な例。しかしホームなんだから慣れなければいけない。

監督が言っていたようにメヒアの気合が今年はまるで違う。低めのボール球に手を出さなくなったのが大きい。

 

 

 

CSフジテレビプロ野球ニュース 5月8日(日)

プロ野球ニュース2016

CSフジテレビプロ野球ニュース 5月8日(日)

MC:平松政次、久代萌美

解説陣:高木豊谷沢健一

 

広島1-7DeNA マツダスタジアム

福井ー山口

広島は黒田が頸部(けいぶ)の神経根症と右肩痛え登録抹消。

DeNAは初回四球で出た走者二人をおいて4番ロペスが3ランホームランを打ち3点を先制。その裏広島が1点を返すがその後DeNAが効果的に追加点を重ねDeNA先発山口1失点完投勝利。

DeNAは安定した先発が7人揃っていてリーグ随一の先発ローテーションを誇っており最下位なのが不思議なくらい。これから台風の目になるのではないかと平松。

 

続きを読む

野上粘投!リリーフ陣は完璧な内容に抑え打線が大谷KOで連敗脱出!

西武ライオンズ2016

5月8日(日)西武VS日本ハム 西武プリンスドーム

西武-日本ハム

勝: 藤原良平(1勝) 敗:大谷翔平(1勝3敗) 

パ・リーグTV解説:星野智樹、実況熊谷龍一

 

昨日大炎上した郭俊麟が抹消され代わりに佐野泰雄が1軍登録されました。先発にまわる佐藤勇の代わりの使われ方がされるでしょう。また、ドラ一ルーキー多和田真三郎が一軍の練習に参加しており来週のファイターズ戦での先発が予定されているという情報が入っています。当初は6月をデビューの目標としていましたが少し早まることになります。チーム事情ではなくあくまで肩の回復状況が良好だから前倒しにしたのだと信じたいところです。

今日は9番捕手で岡田がスタメン。岡田は大阪桐蔭時代に中田翔と同級生で高校の頃投手をやっていた中田とバッテリーを組んでいました。中村がDHで木村昇が三塁守備につきます。

母の日にちなんでハッピーマザースデーと題されました。球場がピンクに染まりベースもピンク色です。始球式はキャンペーンに応募した方から抽選で選ばれたとのことですが、その方の苗字がなんと「獅子倉」ライオンズとしては随分縁起がいい名前でこれは苗字で選んだと考えるのが妥当でしょう。なお、オフィシャルサイトのイベント告知バナーには坂田が起用されていますが昨日から二軍落ちしています。

先発は野上とみちのくのダルビッシュのアダ名で国民的に知られる大谷翔平。二刀流?なにそれ。去年大谷は西武相手に5勝1敗防御率1.71と完全にカモにしています。相手が大谷の上に野上は中4日と悪条件だらけですが同一カード3連敗は避けなければいけません。今日はブルペン総動員でいくと土肥コーチのコメントが入っています。

 

続きを読む

CSフジテレビプロ野球ニュース 5月7日(土)

プロ野球ニュース2016

CSフジテレビプロ野球ニュース 5月7日(土)

MC:梅田淳

解説陣:高木豊岩本勉

  

スームアップゲーム担当:岩本、石原アナ

西武6−8日ハム 西武プリンス

郭俊麟ーバース

戦評はこちら

先発郭俊麟が8失点の大炎上!先発が足りず敗戦処理の小石が酷使される - 獅子狂日記

立ち上がりに熱視線。投手コーチの配置転換があってどう作用するか。イニング先頭の四球はチーム全体を不安にする。西川の盗塁を受け日ハムが好き放題を野球をやっている。ファイターズ打者陣が余裕を持って打席に入っていてきた球に素直にバットが出ている。小石は等身大の自分のピッチングをすることができ味方の打線のリズムを良くする投球だった。栗山のHRは球が甘いとかではなく栗山の調子がいい。ツーアウトから白村はエアポケットにはまってしまった。よくあること。木村昇の三塁タッチアウトについては木村昇には申し訳ないが木村の暴走。相手のブルペン事情・試合状況をどこまで把握して試合に挑んだのか。栗山監督は勝ち切った感がないとのコメント。小石の好投は他の投手を勇気づける。小石は球場での挨拶がとてもすばらしいと岩本がしめる。木村の走塁について高木豊は技術でセーフにすることができたとコメント。悩める4番中田について高木は下半身が弱っているように見える。ランニングの量を増やしたらどうか。岩本からは声を出していこうというコメント。

続きを読む