読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

獅子狂日記

西武ライオンズファン歴20年以上の黄金時代回顧厨が西武ライオンズを中心にプロ野球を語るブログ

5月6日(金)のCSプロ野球ニュース

CSプロ野球ニュース 5月6日(金)

MC:高木豊、稲村亜美

解説陣:金村義明橋本清

 

メガネをかけた高木豊のルックスが明らかに変。アナウンサーでもなんでもない司会ド素人の稲村亜美に対し、相方のアナウンサーが相槌を打ちづらいタイミングで常にコメントを入れてくる高木豊をなぜセットにするのだろう。

 

 

 

セリーグ

ズームアップゲーム 担当:金村、梅田

広島0−6 DeNA マツダスタジアム

5試合合計2点しか援護してもらってない悲劇のルーキー今永の初勝利なるかという試合。初回からストレートのキレがよくピンチをつくるもエルドレッドを三振に切ってとる。一方広島の横山はストレートに球速がない。2回表にDeNAが1点を先制した後なおもワンナウト1・3塁、打席は投手今永の場面で横山が珍プレーいき必至の大暴投。そして自らスクイズを決めDeNAが都合3点を先制。気合を全面に出した今永が7回を零封しようやくのプロ初勝利。8回に梶谷が復帰1号となるダメ押しのソロホームラン。試合後はVサインのラミレス監督と一緒に今永が記念撮影。調子が悪いながらも打者の反応を見ながら対応できた。広島に勝ったというよりは過去の自分に勝ったという、ルーキーとは思えない素晴らしい今永のヒーローインタビュー。今永は防御率リーグ4位、奪三振2位。勝った時のインタビューをもっと聞きたいと思わせる選手とスタジオ大絶賛。

以下DeNA新人今永の名言集。5月頭にこれだけあればシーズンオフには本が出せると金村のコメント。

 

広島に勝ったというよりは過去の自分に勝った

負けた投手の名は残らない

(援護がないという)言い訳は防御率0点台の選手だけが言える

中継ぎもDeNA打線も粘った。粘りがないのは自分だけ

 

 

巨人2−7中日 東京ドーム

育成8位ルーキーの長谷川が先発。

116人中116番目に指名された選手が大抜擢となる。初回ワンナウト満塁のピンチをつくるもナニータとエルナンデスを2者連続三振にとりピンチを脱する。3回裏に巨人が1点を先制。この回を抑えれば勝利投手となる5回表にあとアウト一つがとれればという場面で2点をとられあえなく降板。後を引き継いだ田原がランナー3塁の場面で偽投をしてしまいボークの判定。その後さらに中日が追加点あげゲームを決めた。

 

阪神2−0ヤクルト 甲子園

初回に2点を先制した阪神が3試合連続となる完封リレーで勝利。岩貞は9イニング連続無失点。防御率奪三振でリーグトップ。ドリスは3試合連続無失点。マテオが試合を決めた際にものすごいガッツポーズ。先制点をあげたルーキーの板山がお立ち台。3試合連続完封リレーを演出した捕手原口をスタジオ絶賛。高木豊DeNAを横浜ではなく「DeNA」と呼ぶ。

 

パ・リーグ

ロッテ0−5オリックス  QVCマリンスタジアム

ズームアップゲーム担当;橋本、酒主

久しぶりの先発となる唐川。ストレートの球速がかなり上がっており146km出る。非常にスムーズな立ち上がりで三者凡退。対する前回無四球完封を飾った金子も落ち着いた立ち上がりで三者凡退。しかし好調のT岡田が様子見のカーブに反応し大きな当たりのソロホームランでオリックス先制。終盤になって崩れがちな唐川だが7回を2失点に抑え今までとは違う姿を見せる。しかしオリックス金子が要所を占めるピッチングでロッテは得点を奪えない。8回表リリーフした藤岡が先頭打者への四球、暴投、打球処理の悪送球から犠牲フライで1点をとられるという完全な一人相撲。直後にモレルの2ランホームランが飛び出しとどめの5点目でジエンド。昨年までMAX139kmの投手が146kmを計測しストレートに力がついた。緩急とコントロールで勝負していた投手に力がつき今後期待できると橋本清

稲村亜美が選ぶ「今日の神プレー」はホームランとファインプレーを見せたT-岡田。Tー岡田は7試合で3HR。

 

 

ソフトバンク3−2楽天 ヤフオクドーム

初回ソフトバンク1点を先制後なおも追加点のチャンスで長谷川がセンターへの大飛球。もう1点確実かと思われたがこれを聖澤がスーパーキャッチ。さらに3回表その聖澤がライトテラス席に飛び込むソロホームランで1−1の同点。5回表に島内のソロホームランが出て楽天が1点勝ち越し。6回にワンナウト満塁をピンチをつくるも則本は切り抜け7回1失点で抑えてマウンドを降りる。しかし8回裏に登板した青山がツーアウト1・2塁から中村が逆転のタイムリーツーベースを打つ。その後サファテが抑えてソフトバンクが勝利。楽天は正式にゴームズの退団を発表。

試合終盤の強さが光るソフトバンクをフィーチャー。地力に勝るまさに横綱相撲。

 

西武4−8日ハム  西武プリンスドーム

戦評はこちら

投手コーチサンフレッチェ体制でいどむもミスをきっかけに逆転負け - 獅子狂日記

やはり話題は今シーズン初のコリジョンルール適用に。野球規則にはルールの対象が「捕手」としか書かれていないがアグリーメントには「捕手または野手」と記載されている。

投手からすればどうすればよかったのかという流れに。「ブロック」でないのは間違いないから走路を妨害したのだろうという空気。しかし防具をつけてない投手に厳密に適用するのはかえって危ないんじゃないかと高木豊(実際に高橋光成は怪我をしたわけで)

順位表を見て西武の今のていたらくを嘆く。失点に直結するエラーが多い。

 

今日のファインプレー:中日荒木、広島菊池、オリックス塚原、DeNA乙坂、オリックスT-岡田楽天聖澤

プレイオブザデイ:中日ナニータ

今日のホームラン:6本