読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

獅子狂日記

西武ライオンズファン歴20年以上の黄金時代回顧厨が西武ライオンズを中心にプロ野球を語るブログ

CSフジテレビプロ野球ニュース 5月7日(土)

プロ野球ニュース2016

CSフジテレビプロ野球ニュース 5月7日(土)

MC:梅田淳

解説陣:高木豊岩本勉

  

スームアップゲーム担当:岩本、石原アナ

西武6−8日ハム 西武プリンス

郭俊麟ーバース

戦評はこちら

先発郭俊麟が8失点の大炎上!先発が足りず敗戦処理の小石が酷使される - 獅子狂日記

立ち上がりに熱視線。投手コーチの配置転換があってどう作用するか。イニング先頭の四球はチーム全体を不安にする。西川の盗塁を受け日ハムが好き放題を野球をやっている。ファイターズ打者陣が余裕を持って打席に入っていてきた球に素直にバットが出ている。小石は等身大の自分のピッチングをすることができ味方の打線のリズムを良くする投球だった。栗山のHRは球が甘いとかではなく栗山の調子がいい。ツーアウトから白村はエアポケットにはまってしまった。よくあること。木村昇の三塁タッチアウトについては木村昇には申し訳ないが木村の暴走。相手のブルペン事情・試合状況をどこまで把握して試合に挑んだのか。栗山監督は勝ち切った感がないとのコメント。小石の好投は他の投手を勇気づける。小石は球場での挨拶がとてもすばらしいと岩本がしめる。木村の走塁について高木豊は技術でセーフにすることができたとコメント。悩める4番中田について高木は下半身が弱っているように見える。ランニングの量を増やしたらどうか。岩本からは声を出していこうというコメント。

  

ソフトバンク3−2レイ ヤフオクドーム

千賀ーレイ

楽天先発レイは外国人最年長登板であり外国人最年長先発の記録となる。ヤフオクドームは鷹ガールデーで球場がピンクに染まる。両チーム無得点のまま5回裏に高田のツーベースなどでツーアウト2・3塁のチャンスをつくった後福田の2点タイムリーで先制。その後千賀から聖澤が2試合連続のソロホームランで1点返す。7回には茂木のタイムリーが出て2−2の同点。なおもランナーを置き逆転のランナーを残すが川本が三振。7回裏から楽天は福山が登板。ワンナウト2・3塁から高田の打球は前進守備の間を抜けて

1点勝ち越し。9回表ワンナウト満塁のチャンスをサファテから作るが伊志嶺と枡田が倒れゲームセット。ソフトバンクの強さについて高木豊は両チームが相手は強い、俺たちは強いという暗示がかかり思考が現実化するという状態になっているのではないかと分析。ソフトバンクは今シーズン2度目の5連勝

 

ロッテ4−3オリックス

スタンリッジ:松葉

ボグセビックのゲッツー崩れの間にオリックスが先制。その後伊藤のセンター前タイムリーが出てオリックスは2点を先制する。7回裏代わった吉田から満塁のチャンスをつくるロッテ。吉田の暴投で突っ込ん三塁ランナーがアウトの判定になるがタッチをしたかどうか抗議が入り本塁でのビデオ判定。結果セーフに覆る。8回思え代打中島のタイムリーでオリックスが勝ち越し。塚原から清田がソロホームランで3−3の同点。9回裏同点ながら平野が登板。ノーアウト1塁から平野がバント処理で悪送球しノーアウト1・2塁。送りバントの後清田のタイムリーヒットが出てロッテのサヨナラ勝ち。

 

巨人ー中日

今村:ネイラー

中日先発ネイラーは先頭長野を三振にとると右肘に違和感を覚え緊急降板。ブルペンから違和感があったとのこと。福が急遽登板してピンチをつくるも無失点で切り抜ける。イニング先頭のビシエドをホームランを打った後なおもノーアウト満塁で打順は投手の福。福がタイムリー内野安打で2点目。大島には押出し。荒木はファーストゴロでホームタッチアウト。ビデオ判定を求められたが判定は覆らず。平田が2点タイムリーを打って打者一巡。2打席目のビシエドがイニング2本目の3ランホームラン。同一打者のイニング2本のホームランは2009年のブラゼル以来。中日では77年大島康徳以来。ルーキー福はプロ初勝利。試合後両チームの二軍にいる先発要員の名前が豪華すぎるという話題に。

 

ズームアップ担当:高木豊、山田アナ

広島10−4DeNA

黒田ー井納

2回表に熱視線。立ち上がり黒田のコントロールがよくない。DeNAの打者の理想通りのバッティングをされてしまう。変化球が打たれたのでストレートを投げるがこれも詰まりながらヒットにされる。5連打で3点をDeNAが先制。井納は球は走っているがコースが甘い。田中三塁打、菊池のタイムリーヒットの後外のスライダーを狙い打ったエルドレッドの2ランホームランで同点。広島は4回で黒田を降ろし5回からヘーゲンズ。5回裏に丸の走塁が梶谷のタイムリーエラーを誘い広島が勝ち越し。その後左が続く打順で左投手に代えなかったことに高木が疑問を呈す。緒方監督の性格上松山に代打は出されないだろうし勝ち越されたことで井納のモチベーションは残っていなかったのではないか。その後野川のお粗末な悪送球エラーについてキャッチボールくらいしろよとお怒り。広島は今季最多17安打。2桁得点は7回目。4連勝をかけるなら5回途中で井納を降ろすべきだった。松山に代打は絶対になかった。残念と高木力説。4回で降りてもベンチの最前列で声を出す黒田の姿勢がチームに好影響を与えているスタジオ。エルドレッドはまるで阪神のバースのようだと高木。

 

阪神6−10ヤクルト

藤川ーペレス

46年ぶりの3試合連続完封試合をしていた阪神だが初回藤川がバレンティンに3ランホームランを打たれる。3回には雄平が2ランホームランを打ち0−5。ヤクルトペレスは来日初先発。3回2者連続死球の後牽制悪送球。ノーヒットでノーアウト2・3塁のピンチ。阪神がそこから3点を返す。4回に大和が2点タイムリーを打ち同点。7回阪神4人目ドリスがワンナウト満塁のピンチをつくる。セカンドゴロを前進守備のセカンド大和が弾きホーム送球もセーフ。金本監督が抗議するもフォースアウトコリジョンルールは関係ないためビデオ判定はなし。この回合計阪神投手陣は5点をとられそのままヤクルトが勝利。10個の四球を与える。15試合連続無失点中のヤクルト秋吉に勝利がつく。

 

今日のファインプレー:ロッテスタンリッジ、巨人坂本、DeNA倉本、広島丸、

プレイオブザ・デイ:バレンティン

今日のホームラン:12本

最後に今日2つあったビデオ判定について話題がのぼる。岩本は昨日の高橋光成の件について故意なわけはない。必死にタッチしにいってるだけ。ルール通りの判定は仕方ないがルールに故意の場合という注釈をつけて後はアンパイアの判断にすべきと力説。高木はチャレンジ制度にすればでいいだろうという意見。