読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

獅子狂日記

西武ライオンズファン歴20年以上の黄金時代回顧厨が西武ライオンズを中心にプロ野球を語るブログ

CSフジテレビプロ野球ニュース 5月8日(日)

CSフジテレビプロ野球ニュース 5月8日(日)

MC:平松政次、久代萌美

解説陣:高木豊谷沢健一

 

広島1-7DeNA マツダスタジアム

福井ー山口

広島は黒田が頸部(けいぶ)の神経根症と右肩痛え登録抹消。

DeNAは初回四球で出た走者二人をおいて4番ロペスが3ランホームランを打ち3点を先制。その裏広島が1点を返すがその後DeNAが効果的に追加点を重ねDeNA先発山口1失点完投勝利。

DeNAは安定した先発が7人揃っていてリーグ随一の先発ローテーションを誇っており最下位なのが不思議なくらい。これから台風の目になるのではないかと平松。

 

 

阪神1-5ヤクルト 甲子園

能見ー原樹

ヤクルトは初回山田がエルドレッドに並ぶ12号2ランホームランを打ち先制。阪神能見はその後ランナーを出すも返さないピッチングで6回2失点でマウンドを降りる。6回途中に鳥がくわえた魚の死骸がレフト付近に落ちてくる珍事があり試合が中断する。7回表にヤクルトは阪神2番手高橋聡文から山田のタイムリーで1点追加。その裏阪神が1点返したところでヤクルト原樹理は降板。残ったピンチは秋吉が締め、8,9回はルーキとオンドルセクのリレーでつなぎヤクルトが勝利。

原は落ち着いた余裕のあるピッチングで2連勝。シュートがいきればもっと勝てると谷沢。

 

ズームアップゲーム担当:谷沢、節丸

巨人4-11中日 東京ドーム

高木ーバルデス

左肩痛で出遅れていた中日バルデスは今季初登板。巨人の捕手はこれまで全試合スタメンマスクだった小林誠司に代わり相川。2回中日が堂上直倫のソロホームランで先制。5回表投手バルデスのヒットを契機に中日がチャンスをつくり荒木のタイムリーヒットと平田の犠牲フライで2点追加。バルデスはランナーを出しても2度ゲッツーに仕留め5回まで残塁0のピッチング。6回表堂上直倫の2点タイムリーで追加点。6回裏巨人は円陣を組んだ6回裏に片岡の2ランホームランで2点を返す。その後も中日が追加点を重ね勝利。広島が敗れたため中日が首位浮上。中日堂上直倫は3安打1本塁打6打点。

バルデスが打たれない理由はあるコーチによるとバックスイングの際に肘が上がりこれがタイミングを狂わすと谷沢の取材。ほかにもプレートの幅やグラブの脱力感など工夫が見られると谷沢が分析。

 

ズームアップゲーム担当:高木、関野アナ

ソフトバンク3-1楽天 ヤフオクドーム

武田ー釜田

強すぎるソフトバンクに何か手立てはないか関野アナがふるも「ない」と高木が即答。いきなり高木の熱視線。今日の武田のカーブはかなりやばい。初回にツーアウトからクリーンアップが簡単に連打し1点を先制。武田は今日一段とキレのあるカーブを有効につかい楽天打線はカーブに翻弄される。思春期に女の子(仮に萌ちゃん)のことを考えるくらいカーブ(萌ちゃん)で頭がいっぱいになっているところにストレート(平松)がやってきてわけがわからなくなってしまっているとこれまたわけのわからない解説の高木豊。ついに萌ちゃんカーブと命名までしだす。武田はタイムリーエラーで1点をとられるも7回を自責点0。

5連投のサファテを休ませ9回は森が投げセーブをあげる。ソフトバンクは6連勝で貯金12。チームの作り方が教科書通りで強すぎてつまらないと高木。ソフトバンクはここ一ヶ月で17勝2敗。

 

西武6-2日ハム 西武プリンス

野上-大谷

戦評はこちら

野上粘投!リリーフ陣は完璧な内容に抑え打線が大谷KOで連敗脱出! - 獅子狂日記

敗れた大谷翔平について高木が平松に問いかけ。通常の投手と違い野手として出場して実質中2日で登板することになるが大谷はどんな気持ちで準備すればいいのか。エースとしてのピッチングを期待されているのかそれともただ試合をつくればいいのか。エースとして期待

何度もその話をしてるよと谷沢が茶々を入れスタジオの雰囲気が悪くなる。

 

ロッテ4-3オリックス QVCマリン

大嶺祐-西

初回ワンアウト1・3塁から糸井が盗塁をしプロ通算200盗塁を達成。その後モレルの犠牲フライとダブルスチールの間のホームスチールで2点をオリックスが先制。オリックスは2回に1点を追加。母の日3連勝中の西は7回まで2失点で抑える。しかし8回角中がツーアウト1・2塁から2点タイムリースリーベースを打ち逆転。

オリックスは9回表に糸井がノーアウトで出塁し代走から4番に入っていた小田の打席で送りバントのサイン。しかし決めることができず追い込まれる。ツーストライクからなおもスリーバントの構えをするが牽制球をはさんだ後三塁コーチャーの風岡コーチが小田にサインの確認をしにいく。小田がサインを理解できていなかったと思われる。ヒッティングに切り替えるも結局中途半端なスイングで空振り三振。そのまま西野が締めロッテが勝利。

ホームスチールの経験を聞かれた高木豊が単独ホームスチールを2回決めたことがあると誇らしげ。谷沢は高校時代にやったことあるとの回答。

 

今日のファインプレー:ソフトバンク今宮、広島エルドレッド、中日荒木、巨人村田、

プレイオブザデイ:阪神板山

今日のホームラン:11本

ラストで甲子園での魚の死骸の落下に触れられ、過去にも横浜スタジアムで猫やカラス、甲子園でイタチ、西武ドームでカラスに襲われたハトが落下するなどがあった映像が紹介される。